健康コラム 2019.第9号 腰痛には腹筋??

腰痛には「見える腰痛」と「見えない腰痛」と呼ばれるの2種類の腰痛があります。レントゲンやMRIで異常が見えるかどうか…。見える腰痛は「椎間板ヘルニア」や「腰痛すべり症」などのそれらしい名前がつきます。名前がつけば、治療方法もありますので、あとは医者にお任せしましょう。この場合、自己流のストレッチや運動が逆効果になることもありますので、ご注意ください。

一方の見えない腰痛…。

多くの人が悩むのはこの「見えない腰痛」。画像でも異常が見えません。全体の85%とも言われます。

原因が見えない、わからない、治療も特にない、 我慢するだけなら、お家でトレーニングを試してみませんか?

みなさん、「腰痛には腹筋が効果的」って聞いたことありませんか?

仰向けになった姿勢で、足首を押さえてもらって上半身を繰り返し起こす腹筋運動。体育の授業や運動クラブの基礎練習などを思い出す人は多いでしょう。今でも健康のためにと毎日続けている人がいるかもしれません。

その腹筋、、ちょっと待った‼ 腰痛のための正しい腹筋ができていますか?今回は腰痛に効果的な腹筋をご紹介いたします。

★腰痛予防、改善のための腹筋★

1.仰向けになり膝を立てます。腰と床の隙間を埋めるようにお腹に力を入れます。

2.お腹に力をいれたまま、頭を軽く持ち上げます。

3.お尻を浮かせます。

4.頭→おしりの順に戻します。

5~10回を1セットとし、1日3セット目指して行ってみましょう。

 

Permanent link to this article: https://tn-ehime.co.jp/news/1192.html