<健康レシピ>あさりと豆腐の煮込

肝臓の解毒作用を高め、肝臓病を予防するアサリと、弱った肝機能を回復する豆腐を使った、温かでサッパリとした一品です。お酒の席が多いこの時期にぴったりの肝臓にやさしいレシピをご紹介します。

アサリと豆腐の煮込み

<材料> 4人分

  • アサリ 1パック(300g程度)
  • 豆腐 1丁(300~350g)
  • エリンギ 2本
  • ネギ 1本
  • ショウガ 1片

調味料

  • 酒 大さじ1
  • 水 300cc
  • 塩 小さじ1/2
  • コショウ 少々
  • スープの素 1/2個
  • ごま油 小さじ2
  • 水溶き片栗粉 適宜

 

<作り方>

1. アサリは砂出しして、豆腐は2cm角に、エリンギは1cm角に切る。ネギの白い部分は斜め切り、青い部分は細かく輪切りにし、ショウガは細切りにする。

2. 鍋に水を入れ、酒を加えて火にかけ、アサリを入れる。殻が開いたら一旦アサリを別の容器に取り出し、茹で汁はそのまま残しておく。

3. 別の鍋にごま油を熱し、ネギ、ショウガ、エリンギを軽く炒め、豆腐と2.のアサリの茹で汁、塩、コショウ、スープの素を加えて2~3分煮る。

4. に2.のアサリを戻し入れ、水溶き片栗粉でトロミをつけて仕上げる。器に盛ったら、ネギ(青い部分)を散らす。質を含み肝臓の機能を回復させます。

1人前 81kcal、塩分1g

参考文献:食養と暮らしの提案~和快

Permanent link to this article: https://tn-ehime.co.jp/news/1249.html