サルコペニア

「サルコペニア」という言葉をお聞きになったことはありますか?

ギリシャ語のsarco(筋肉)とpenia(減少)からなる比較的新しい言葉です。

これに肥満が加わるとサルコペニア肥満。

体重は重たいが筋肉が少ない状態です。

骨粗鬆症 糖尿病 高血圧 などにかかりやすくなるといわれています。

 

<サルコペニアの簡単なチェック法>

①「指輪っかテスト」で筋肉量を確認
自分のふくらはぎを、両手の親指と人差し指で囲みます。
両手の指がくっつかなければ十分な筋肉量があると判断できます。
両手の指がくっつくならサルコペニアの可能性があり、指がくっついてさらに空間があるようならサルコペニアの可能性が非常に高いと判断します。

②片足立ち上がりテストで、筋肉の質を確認
腕組みをした状態で椅子に座り、片足で立ち上がります。
左右どちらかでも立ち上がることができなければ、サルコペニアの可能性があると判断します。

 

 

その他、 握力が…男性26kg以下、女性18kg以下の方  も要注意です。

 

サルコペニアの予防改善には

大きな筋肉(太ももやお尻)を中心に筋力トレーニングが必要です。

肥満の方は有酸素運動もしっかり取り入れ、肥満解消を優先しなければなりません。

 

バランス良く食べ、適度に運動する!

簡単ですが難しい…でも今日から始めてみませんか?

 

おススメ➡➡➡ 「Salud!えひめ」http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ehime/cat130

 

 

☆☆☆ご感想をお聞かせください☆☆☆

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Permanent link to this article: https://tn-ehime.co.jp/column/767.html